神楽坂+おとなの婚活流儀

ニコさんの縁むすびBOOKコラム

2015.04.07 ニコさんの縁むすびBOOKコラム 「ためになるな~」と感謝している本vol.5

『幸せ嫌い』集英社刊 平安寿子著

20150406192905-0001

こんにちは。本格的に婚活を始めるにあたり、
”婚活小説”なるものを読んでみました。

舞台は結婚相談所、
所長の克子さんが、性格に難のある会員たちに語る言葉が、
かな~り胸に刺さります!

<結婚相談所 所長 克子さん語録>

「…プライドの高い方ほど、
したくないことをできないことにすり替えてしまいます。
あなたは自分では変わろうとせず、このままの自分を
受け入れてくれる人を求めてらっしゃる。
しかも、理想が高い。…」

「自分を譲れない人間は、愛されません」

「(結婚できない人は…)結婚を夢物語に
しちゃってる。現実が見えてない。と
いうより、
見ないのよ。だから、
自分に足りないのは運だけだと思ってる。…」

いつも、世話おばさん達が言っていることのオンパレードですよね。
極め付けは、次のセリフ。

「わたしはね、普通の家庭で普通に育った
人同士なら、極端なことを言えば、
をつぶって適当に選んだ相手とだって、
ちゃんと結婚生活を送っていけると思っ
てる。
あなたもそうよ」

あなたは、どの言葉にぐっときましたか?

克子さんをはじめ、結婚相談所の面々は
シビアながら、会員のことを考えてくれてるんです!!
そこも、世話おばさんたちと同じだなあと、
読みながら感じてしまいました。

コメディー小説なので、婚活をしている人でも、
クククっと笑いながら読むことができますよ。
他にも、ためになるフレーズがたくさんあったので、
興味のある方は、ぜひ読んでみてください!