神楽坂+おとなの婚活流儀

ニコさんの縁むすびBOOKコラム

2015.10.06 ニコさんの縁むすびBOOKコラム 「ためになるな~」と感謝している本vol.7

『東京タラレバ娘』(東村アキコ、講談社刊)を読んでみた!

気が付くともう10月。
金木犀の香りがして、嬉しくなりますね♪

今回は、世話おばがブログに書いていた
東村アキコさんの漫画『東京タラレバ娘』を読んでみました!
タラレバ
ストーリーは

「あーだったら…」
「こうなれれば…」
とタラレバをくり返していたら、
恋愛勘、鈍りまくりの
33歳になっていた。
いい歳して、“次の一手”がわからない。
この恋のケースがありか?なしか?も
わからない。
(第②巻の作品紹介より)

というもの。
もう、この作品は、私にとっては<年齢ホラー>でしたね。
<現実を見ろ~>
<お前たちはいい歳だ~>
とか、何度も何度も、オーバー30には辛いことが書かれていて。

でもこれは、作者・東村さんの
<愛のムチ>なのだろう!
私の心に残ったセリフを3つあげていくと…

①「時間(とき)の流れは一方向/回転なんてしないんタラ/
毎日 毎時間 一分一秒/あなた達は 歳を取っていくんタラ」

:重々承知しています。
 とりあえず、来年2月までに恋人をみつけること!が今の私の目標だ~
 (来年2月までは、恋愛運がいいらしいので、がむしゃらに頑張る!)
そら

②「お前らが相手見付けるためには/それなりの狩り場に行くしか/
ないんタラ!!! 金払ってな!!!!/まさかそのへんの道歩いて出会いが転がってる
なんて思ってんじゃあないだろうレバ!?/それは20代の女だけレバ」

 :ラジャー!!
  読書会とワインフェスの予約をしました!
シュー

③理想の男の条件(タラレバ3ヵ条)は、①人間 ②生きてる ③死んでない
それにひとつ加えると④見た目がタイプ。まず恋をすることから始めよ
(第③巻番外編より)

 :ラジャー!!
  生理的に無理じゃなくて、妻帯者でなければ、とりあえず話すようにしてい
  ます。
豆
早く婚活を卒業して、落ち着きたいですね。
寒くなるので、皆さん、お体ご自愛ください。