神楽坂+おとなの婚活流儀

ニコさんの縁むすびBOOKコラム

2016.05.30 ニコさんの縁むすびBOOKコラム 「ためになるな~」と感謝している本vol.9

「ひと月9000円の快適食生活」

魚柄仁之助著/飛鳥新社(文庫)

<らく>で<体に優しく>て<お料理が面倒でなくなる>!

画像

先日、わたしの“お料理生活”に革命を起こしてくれた本に出会いました。
それが、「ひと月9000円の快適食生活」(文庫本なので懐にも優しい)。

時短・安心・おいしい「おうち手作り」の基本ワザ
食費のリストラで塩分、糖分、脂質も大幅カット!
(帯の紹介文より)

著者のウオツカさんは、食生活改善本を20年以上書かれている方。
「ひと月9000円の…」を読んでから、
<お料理ってそんなに気をつかわなくても良かったのね~>
<これなら、結婚してもなんとかなるかも>
という気分にさせてくれる本でした。

この本の内容で、とくに活用しているのは、

●煮物は野菜を小さく切れば、さっと煮るだけで美味しい!
●煮物のあまり汁(旨みが凝縮)で、<おから>を作る。
●10分で手打ちうどん!
●<味噌>と<お酢>と<油>ドレッシング(野菜にも麺にも合う)

とくに、あまり汁で<おから>作りはおすすめで、

これまでは、捨てたり、もったいなくて飲んでいた煮物の煮汁に、
冷蔵庫の<しめじ>や人参など、あまった野菜を刻んで、
1パック120円ぐらいの<おから>と煮るだけ。
<おから>は1パックを2~3回に分けて使います(残りは冷凍)。

<おから>を美味しくお料理するのって、なんかいい気分がするものです♪
本の中では、煮物のあまり汁で、寒天寄せを作る方法も紹介されていました。

自分で作ると、だんだん味に飽きてくるという人に、
おすすめなのが、以下のもの。

●<するめ>の足で大豆煮(するめの旨みがよくしみた煮物)
●<きなこ>とバターをまぜる(ヘルシーで美味しいパンのとも)
●<なす>ペースト/<白子>ペースト
(この本の中では、なんと170も料理の知恵が紹介されているんです!)

お料理がらくになると、毎日がたのしい
→結婚生活もたのしくなるような気がする…。
美味しいものを作る→ 一緒に食べる人がいると、もっといい!

という<幸せサイクル>になれるように、私もがんばりたいと思います。
(婚活中の筆者より)