神楽坂+おとなの婚活流儀

縁レポート OBA REPO

2014.01.29 居心地の良さを魅力に

先日、再婚したママ友達と結婚についてお喋りをしていました。
彼女はまだ30代半ばなのに既に2度目の結婚と2度目に出産を経験。

食べる食べる!

喋る!食べる!

どうしてそんなにも相手をゲット出来るのか?
ついついお喋りに花が咲いて大いに盛り上がり
彼女からとても参考になる事がたくさんあったので
ブログでもちょっとご紹介しちゃいます。

男性を落とすには外見よりも何よりも1番は「食欲」
人間は「欲」で生きているから“性” “食” “睡眠”は外せない。

睡眠欲?

睡眠欲?

その中でも“性”は代用出来るけど(??) “食”はそうはいかない。
「えっ?コンビニがあるじゃん?」(オバ)

「ダメだよ!コンビニと結婚出来る?いつもお金が必要なんだよ。
おまけにニーズは大衆向けでどんどん変わるんだから!」
なるほど納得。

作る相手を想って

作る相手を想って

相手の好みに合わせて、身体の事も気遣って献立を考えて料理する。
ふうむむ、、、確かにこれをされたら胃袋掴まれちゃうね。
どんな外見でもダサくても奇麗に見えてくるんじゃないだろうか。

「そうだよ!そして“睡眠”。
その相手と一緒にいて安らげるかって事。」

うわぁ~深い!一緒にいて居眠り出来るような相手であることかぁ。

居心地のよさ?

居心地のよさ?

「そう、そういう“居心地の良さ”を作ってあげられるかどうかが魅力なの。
ふさわしい相手が見つからないなんていうのは自分のエゴ。
もう永遠に探してて歳をとっていくのよ~~。」
ああ、オバとしては耳が痛い。ヾ(^o^;)

婚活中の男女のみならず、子供たちにも教えたいような
「なるほどね~~~」の連発。
誰かこの会話を録音してテープおこししたらベストセラーじゃない!
ナハハ。。。女のお喋りは止まらないのでありました。

居心地がいいのね?

居心地がいいのね?