神楽坂+おとなの婚活流儀

縁活をめぐる冒険

2018.02.10 第19回 願いが叶う!?「小江戸」な川越で大人デートはいかが

みなさん、こんにちは。

世話焼きネエさんのロミコです。

ついこの間、年が明けたばかりと思いきや、気が付けばもう2月で節分も過ぎ、街はバレンタイン一色ですね(唖然)。

今回は、小江戸と呼ばれる埼玉県「川越」をご紹介したいと思います。

みなさんは、すでにご存知かもしれませんが、川越は都内から一時間以内で行けるアクセスの良さと、黒漆喰の蔵造りの古い町並みが魅力の人気の観光地です。
また、「喜多院」、「熊野神社」、「成田山川越別院」「氷川神社」など、有名な神社仏閣も点在しています。神社仏閣の近くの参道や路地裏には、食べ歩きができるナイスなお店も多く点在しています。

鎌倉もいいけど、川越もプチトリップ気分が味わえ、週末デートに良さそう。

特に、古い建築物にロマンを感じる方、パワースポット好きな方、カメラが好きな方、そして食べ歩きが好きな方におススメ。

そんな小江戸川越を足で調査です。

ロミコたちは、東京メトロ有楽町線から直通運転している東武東上線の森林公園行に乗り、一時間弱で川越駅へ到着。

まずは、「腹が減っては、散策できぬ」ということで、讃岐うどん「長谷沼」へ直行です。こちらは。前金制で、うどんが出来たら自分で取りに行く、ほぼセルフサービスです。

シンプルなエントランス

シンプルなエントランス

注文を受けてから、うどんを打ってくれるのが、本格的。リズミカルな音が店内に響き渡ります。出来上がるまで、辛抱強く15分程位待ちます。

 

鳥天とうどんのセット

鳥天とうどんのセット

麺はコシがあり、もっちり。小麦感が楽しめるおいしさ。
揚げたての鳥天は、衣サクサクでジューシー。

ホームページ:http://hasenuma.com/

腹を満たし、いよいよ散策開始です。

まずは、「熊野神社」を参拝します。短い参道の両脇には小石を敷き詰めた「足裏健康ロード」が設置されています。歩くと足裏が刺激されるので、健康に良い苦行!?に挑む修行者が多数いらっしゃいました。

石の鳥居

石の鳥居

神社の中は、開運指南場の小屋があり本格的な手相診断が受けられたり、運試しの輪投げがあったりと、占いやアトラクション要素が多数。縁日感覚の遊びゴコロが満載なので、楽しい参拝に会話も弾みます。

撫で蛇様

撫で蛇様

中央の小さな蛇の両脇には、大きな蛇が左右に鎮座されています。撫でる場所によって、ご利益が異なるそうですよ。みなさんなら、どこの場所を撫でるのでしょうか。ちなみに、両方同時だと良縁や夫婦円満だそうです。

お隣には、銭洗弁財天もあり、金運のご利益も得られそうです。

次に、大正から昭和初期に建てられたレトロ感漂う大正ロマン通りを歩いてみます。かなり保存状態が良く残っていることに驚きです。建物内では洋品店、和菓子屋さんやカフェなどが営業しており、前を歩くだけでも大正モダンガール気分に。

インスタ映えするハイカラな建物

インスタ映えするハイカラな建物

こちらは、武州銀行川越支店として、昭和三年に建てられた建物だそうです。

現在は川越商工会議所

現在は川越商工会議所

まさに、古代ギリシアのパルテノン神殿のような荘厳なビジュアルにうっとり。

また、このあたりには、黒漆喰の壁に大きな鬼瓦の商家が建ち並んでおり、とても見応えあります。建物自体は、明治に入って建てられたそうですが、この粋な黒漆喰の土蔵群が川越を「小江戸」とよぶ由縁なのでしょうか。

和風雑貨屋、和菓子などお店が並び、休日のせいか、大勢の観光客でにぎわっています。さすが人気の観光地。

どのお店も趣向を凝らしたこだわりの商品を販売しています

どのお店も趣向を凝らしたこだわりの商品を販売しています

がまぐち屋さん「ぽっちり」へ入ってみると、かわいらしい限定商品を見つけました。他にも店内は、デザイン性に富んだ、おしゃれな「がまぐちグッズ」でいっぱい。

川越散歩の思い出にさつまいものお財布はいかが?

川越散歩の思い出にさつまいものお財布はいかが?

ホームページ:http://kyoto-souvenir.co.jp/brand/pocchiri/

そうえいえば、江戸時代からさつまいも栽培が盛んに行われたことにより、現在でも川越は「さつまいも」の町として、とても有名ですね。やはり、さつまいもを使用したスイーツが充実しています。さつまいもチップス、大学芋、紫いもソフトクリーム、サツマイモの焼きおにぎり!など、どこで買おうか迷ってしまいます。

悩んだ末、ロミコは「菓匠右門」にて、ふかしたてのおまんじゅう「いも恋」180円を購入。

悩んだ末、ロミコは「菓匠右門」にて、ふかしたてのおまんじゅう「いも恋」180円を購入。

半分に割ってみると、餡とサツマイモが二層になっています。ホカホカホクホク。

仲良く半分ずつシエアして

仲良く半分ずつシエアして

ネーミングから、まさにデート商品ですね。

ホームページ:https://imokoi.com/item/%E3%81%84%E3%82%82%E6%81%8B

川越のランドマーク「時の鐘」に到着。

現在は明治26年に再建された四代目。機械式で一日に4回、時間を知らせてくれるそうです。この地区は、蔵や木造の古い家屋が残っているので、写欲がそそられ、思わず写真を撮らずにはいられません。ロミコもパーコ化して、激写しました。

この日は快晴だったので、青空に白壁の蔵が映えます

この日は快晴だったので、青空に白壁の蔵が映えます

時の鐘」の前の桝屋酒店さんで、川越さんの地ビールCOEDOの生ビールが購入できます。美しい街並みを見ながらの地ビールは格別ですね。

歩いていると、裏路地にレトロかわいい珈琲ショップ「マメ蔵を発見!

古民家をリノベーションして、オリジナルコーヒー豆こだわりのコーヒーをスタンドで販売しています。

思わず寄り道したくなる珈琲ショップ

思わず寄り道したくなる珈琲ショップ

寒い日だったので、あたたかい珈琲に癒されます。お店の外にベンチがあり、そこで座っていただけます。

ついでに?焼き団子もいただきました!

ついでに?焼き団子もいただきました!

そして菓子屋横丁へ向かいます。20軒ほどの昭和レトロな駄菓子屋さんが並んでいます。子供達だけでなく、大人のロミコも昔懐かしい駄菓子に胸キュンです。子供の頃に食べたお気に入りだった駄菓子をさがしてみましょう。

昭和時代!?

昭和時代!?

川越界隈のお土産として売り出し中のジャンボ麩菓子「焼き芋味

2本買えば、チャンバラができそう

2本買えば、チャンバラができそう

【まとめ】

川越は、おいしい散歩の相棒が街中にあふれ、誘惑されっぱなしです(笑)。

歩いているのに、どんどんおなかがいっぱいになっていく、食べ歩き好きにはたまらない幸せな町ですね。

今回はご紹介しませんでしたが、「縁結びの神様」で有名な氷川神社では、夏にはたくさんの縁結び風鈴が飾られ、浴衣デートのスポットとしても有名です。

季節を変えて、また訪れてみたいですね。

ちなみに、川越に神社仏閣が多いのは、江戸時代に藩主が交代するたびに藩主一族の菩提寺を伴って着任するケースがあったからだそうです。有名ドコロの神社仏閣が徒歩圏で回れるなんて、まるで京都のようですね。

ロミコ的には、古い建築物が好きなので、大正ロマン通りのモダンな建物や黒漆喰の土蔵が今も現役でイキイキと使用されていることに興奮しました。

オトナの2人のために

たまには少し遠出をして、旅行気分で街歩き

ぜひぜひ、みなさんの好きな川越を見つけに、足を運んでみてください。

わたくしごとですが、昨年末から「東京アラフォンヌ」というブログを試行錯誤ではじめました。一部内容が重複する部分もありますが、こちらもたまに覗いていただけたらうれしい限りです。

東京アラフォンヌ URL:http://tokyoaround40.com/

by ロミコ