神楽坂+おとなの婚活流儀

縁活をめぐる冒険

2018.04.10 第21回 春はやっぱりお花見に行かねば!

みなさん、こんにちは。
世話焼きネエさんのロミコです。

東京近郊に住んでいるみなさん、どんな休日をお過ごしですか?

ついに春爛漫の季節が到来です。桜の蕾が膨らみだすと、わたしたちは開花予想や桜の話でソワソワ、桜の開花を心待ちしてしまいます。美しい桜の風景は、最近では旅行者にも人気ですよね。

今回は、新宿御苑でポットラック(持ち寄り)のお花見ランチをして、千駄ヶ谷のパワースポット「鳩森八幡神社」で富士塚を登拝してまいりましたのでご紹介いたします。

新宿御苑は、みなさんも訪れたことがあると思いますが、都内有数の整備の行き届いた美しい公園です。
有料(一般入場料200円)ですが、四季折々の草花が楽しめる都会のオアシスです。

園内へのアクセスは、三つの門(新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門)があります。

新宿方面からは混雑が予想されたので、今回は、中でも一番空いていると思われる千駄ヶ谷門からアクセスしました。休日の絶好のお花見日和のせいか、入り口付近では荷物検査を待つ列ができていました。

桜のグラデーションが美しい

桜のグラデーションが美しい

友人家族が千駄ヶ谷門近くの「ハナモモ源平」付近に場所取りをしてくれたので、絶好のロケーションでお花見ランチができました。(新宿御苑は、アルコールは禁止なのでご注意ください。)

ポットラック(持ち寄り)パーティー

ポットラック(持ち寄り)パーティー

私たちはベタですが、巻寿司、お稲荷さん、春巻き、トンペイ焼き、桜餅とイチゴをデパートで購入、友人家族は千駄ヶ谷にある人気サンドイッチショップ「POTASTA(ポタスタ)」でインスタ映えするおしゃれなヤツを持ってきてくれました。ずっしりと詰まった具だくさんサンドイッチで評判通りの切り口が美しいこと。

毎年お花見で思うのですが、おしゃべりと食べ物に夢中になり、気が付くと桜を見るのを忘れているのは、ロミコだけでしょうか(汗)。まさに花より団子でした。

あたりを見回すと、家族連れ、大人カップルの仰向けの昼寝、ヤングカップルの体育座りなど様々。皆さん思い思いの休日を楽しんでいます。外国の方々も多かったですね。

おなかもいっぱいになり、日光浴をしたところで、園内をぐるりと散策します。淡いピンクのヴェールで覆われているかのような、可憐な美しさにため息がもれちゃいます。

地面を這うような低い枝ぶりに満開の花を咲かせている古木や、ジャイアント馬場クラスじゃないと見逃すかも!?な、高い枝に花を咲かせている木もあり、個性豊かな美しさが楽しめるのは、新宿御苑ならでは、でしょうか。

千駄ヶ谷門方面から新宿門方面を散歩してみると、徐々に人口密集度が高くなっていくのを感じました。もし来年新宿御苑でお花見されるなら、千駄ヶ谷門近くからのアプローチが狙い目かもしれません。

立派な枝垂れ桜の下で、民族衣装に身を包んだ美しい外国人女性たちが記念撮影していたのが印象的でした。桜に魅了されるのは、日本人だけではありませんね。

しだれていると色っぽく感じますね

しだれていると色っぽく感じますね

千駄ヶ谷門を出て、東京体育館の方へむかいます。このエリアは最近「ダガヤサンドウ」と呼ばれ、意識高い系のおしゃれさんに人気のスポットです。

お花見効果のせいか、駅前のカフェはどこも混んでいたので、私たちは「鳩森八幡神社」の奥にある公園付近でコーヒーブレイクすることに。

「パンとエスプレッソと」で、アイスラテを注文。お隣は、ミルクティーがおいしいと評判のスタンド紅茶専門店「モンマスティー」があります。

「パンとエスプレッソと」、その先のコピーが気になります。

この日のロミコなら、間違いなく「パンとエスプレッソと桜」とつけたいところです(平松愛理?)。

詩的なネーミングですよね

詩的なネーミングですよね

ショーケースには、おいしそうなサンドイッチが、棚には上品でこぶりなパンが並んでいます。

さりげなくおしゃれなところがダガヤ風?

さりげなくおしゃれなところがダガヤ風?

鳩森八幡神社は、将棋会館のお隣にあります。
将棋人気と元SMAPの三人がTV番組で訪れたこともあり、パワースポットとして脚光を浴びています。

鳩森八幡神社の鳥居

鳩森八幡神社の鳥居

絵馬にはSMAPファンが再結成を願うものが多くありました。

おみくじの結び目が鳩森なだけに、鳩の形をしているのがキュート。まるで、電線に並んで留まっているようですね。

ポッポー

ポッポー

境内には、「王将」の大きな駒を納めた六角形の将棋堂もあります。棋力向上の左馬の駒が描かれた絵馬がたくさん治められていました。

ちなみに、左馬の駒は馬を逆さから読むと「まう(舞う)」となり、縁起物です。

将棋との縁の深さを感じます

将棋との縁の深さを感じます

また境内には、都内最古の「富士塚」があります。

江戸時代に庶民の間で「富士講」と呼ばれる信仰があり、富士山までは、なかなか登拝できないので、模した塚を作り、富士山登拝と同じ霊験が得られるとされたそうです。ミニチュアですが、本物を忠実に再現しており、山頂の奥宮にたどりつくまで、山裾に浅間神社あり、七合目付近の洞窟に身禄像(富士信仰を中興した修験者)あり、そして頂上には奥宮がありと、みどころ満載です。

いよいよ山頂を目指して登拝です。

千駄ヶ谷富士塚MAP

千駄ヶ谷富士塚MAP

山頂までの安全を祈願してから

山頂までの安全を祈願してから

道中、自然岩がゴロゴロとあり、傾斜がきつい箇所などもあり、かなり本格的です。

七合目あたりまで到着

七合目あたりまで到着

山頂の奥宮付近には、富士山の溶岩が使用されているそうです。

この日は桜も見えて、山頂の景色は格別です

この日は桜も見えて、山頂の景色は格別です

帰りに隣の将棋会館をのぞいてみました。

一階の書籍や将棋グッズを販売しているコーナーでは、人気の藤井六段のクリアファイルやジグソーパズルも販売していました。

お恥ずかしながら、実はロミコも将棋14級(誰でもとれる級)をこの将棋会館で頂いたことがあります。今おもえば、飲み会のネタとして級以上に価値があったかもしれません(笑)。

この記事がアップされる頃には、桜は散っているかもしれませんが、過ごしやすい行楽シーズン到来です。ぜひ、新宿御苑でピクニックをして、鳩森八幡神社で富士山登拝に挑んでくださいね。

山頂からの眺めは格別ですよ。

さいごに

晴れた休日の散歩は清々しい気分になれて

春を感じる気持ちのよい季節に

出かけてみませんか

オトナの2人のために

近場で手軽かつ驚きがあるデートスポットをご紹介

ぜひぜひ、訪れてみてくださいっ

by ロミコ