神楽坂+おとなの婚活流儀

世話焼きネエさんロミコの大人デートのご提案

2019.03.01 第32回 ハシゴ酒シリーズ第4弾!意外!?と面白い店多し !茅場町をハシゴしよう その1

みなさん、こんにちは。
世話焼きネエさんロミコです。

東京近郊に住んでいるみなさん、花金(古いですね!)?プレミアムフライデーをお過ごしですか?
今回は、ビジネス街の印象が強い茅場町へ赴き、気ままなハシゴ酒デートをしてきましたので、ご紹介いたします。
ハシゴ酒デートといえば、このブログで第1弾は「浅草」第2弾は「神楽坂第3弾は「赤羽」を過去にご紹介しました。今回は、第4弾として企業戦士を支える懐の広い街「茅場町」に行って参りました。

みなさんは、すでにご存知かと思いますが、茅場町は、八丁堀駅、水天宮駅、京橋駅、日本橋駅、そして東京駅から徒歩圏内というアクセスの良さが魅力ですね。大通りには中規模なオフィスビルが立ち並び、点在するビジネスホテルの間には、チェーンのカラオケ、居酒屋、ファミレスなどが散見されました。近くには日本橋川や亀島川が流れ、名のついた小さな橋が幾つもかかっており、小さな船が停泊しています。江戸時代には、水運を活かした町としてにぎわっていたのでしょうね。


1軒目 【トラットリアウォールストリート】


最初はリバーサイド沿いにある昭和2年に竣工されたコンクリート造りの洋館のトラットリアへ。レストランとしては、オープンしてから30年の老舗です。

時代を経ても輝き続ける井上ビル

時代を経ても輝き続ける井上ビル

金曜日なので、予約をしました。中へ入るとすぐ、素敵なバーカウンターがあり、その奥がテーブル席になっています。天井が高く、レトロなビル独特の意が随所に施されています。

ぬくもりある木目調が良い雰囲気

ぬくもりある木目調が良い雰囲気

メニューをみると、お酒の種類の多さに驚かされます。トラットリアにもかかわらず、日本酒や焼酎まで取り揃えてあります。場所柄、お客さんの様々な要望に応えていたら、自然と種類が多くなっていったのかもしれません。

先ずはクラフトビールで乾杯

先ずはクラフトビールで乾杯

花金のせいか、会社の飲み会なのか、和気あいあいムードな団体客が多く、活気があります。ロミコが座った窓際席からは、亀島川とその対岸にある「やきとり八珍」のネオンが見えました。デートはやっぱり窓際席がいいですね。

ぼんやりと見える八珍のネオンが昭和歌謡的にムーディー(笑)

ぼんやりと見える八珍のネオンが昭和歌謡的にムーディー(笑)

このあとハシゴすることを考慮して、「小エビとマッシュルームのアヒージョ」や「フォアグラのパテ・ド・カンパーニュ」など、軽いおつまみをいくつか注文しました。
どれも美味しく、コスパも高くて長年愛されてきたのがうなずけます。
バーカウンターで、2次会や3次会として使用するのもありだと思います。
URL:  https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13030722/

さて、2軒目を探さねば。
このトラットリアのある通りは、郷土料理系の飲食店が多く、どこも賑わっているご様子。「軽く台湾小皿料理をつまみながら一杯頂くのも良いね。」ということで、同じ通り沿いにある台南料理の頂けるお店へ伺ってみました。

本場感が漂っています

本場感が漂っています

その2へ続く

by ロミコ



こちらも合わせてお読みください♪
「東京アラフォンヌ」
http://tokyoaround40.com/