神楽坂+おとなの婚活流儀

About

東京・世話焼きおばさんの縁結び」は

「住んでいる町をすきになるきっかけは、小さなことにある。」をテーマにタウンペーパーを作っている NPO西荻コム(現在:ひとまちっくす)が母体でスタートさせました。

人と人の結びつきが大切」だと考え東京の都市問題解決型の提案(日本の少子高齢化)をするために今までの活動を軸に男性も女性も安心で楽しんで参加しやすい女性視点の「縁活の会」を作るためこのような事業を発足させましたが早いもので、2017年には活動8周年になりました。最初は有志で運営、徐々にサポートしてくれるボランティアスタッフも増え、サイトもリニューアル。ゆっくりと進歩していると感じます。2014年4月には新宿区市ヶ谷にシェアスペースとしてカウンセリングを行うスペースを設置。

さらに2016年からは近所の神楽坂にお引越し。駅から1分という好立地にで便利になりました。これからも、みなさまのお話をもっとお伺いして、新しい縁結びの形を追求したいと考えております。

 

「婚活」ではなく「縁活」
そう結婚だけがゴールではありません。 しかし何もしないと大切な時間はどんどん過ぎてしまいます。忙しい現代社会、さらに大都市東京の中で、新しい出会いを作るということはとても難しい。趣味や資格の勉強、確かに大切な事は多く時間は限られています。そんな時こそ「誰かとじっくり話をしてみる」そうして考えをまとめてみる時間が大切。新しい方向が見つかるかもしれません。

 

時代とともに「婚活」は変化
世話焼きおばさんの活動を通して初期の頃に比べてみると、世の中、日本、経済、文化、男女の関係、夫婦、かなり変化していると感じます。「結婚しなくても不自由しない」と感じていた40代が50代に近づき、「そろそろヤバイかな?」の30代は40代へ。今の20代は「結婚しないと生活に困る」とかなり現実的。「相談所に頼るなんてカッコ悪い」いえいえ、結婚を目的にしているので合理的なんです。恋愛が得意な人なら不要でしょうが、ちょっと奥手で控え目な人、真面目すぎる人、コミュニケーションが苦手な人ほどどんどん「相談所」を利用して早くパートナーを見つけて下さいね。

 

「迷ったら“やる!”」そんな勇気を後押しします。
人は迷った時に「じっくり考える」考えれば考えるほど「やめる」という選択をしてしまうもの。大人の年齢になればなおさらそういう習慣が身についてしまいます。しかし「結婚」についてじっくり向き合えるのは長い人生のほんの数年。それを「やっぱりやめる」「先延ばしにする」そんな結論を出すには早すぎます。失敗しても、失敗があるからこそ人は成長するのです。自ら成長をストップさせていませんか?傷つく事を恐れて「やっぱりやめる」を選択すれば大切な時間は戻ってきません。

 

どんな事でも「結婚」「自分」について話をしてみましょう
お気軽相談や結婚相談カウンセリングにはたくさんの方がいらしてくれました。何の利害関係のないオバサンと話すと案外、考えがまとまりますよ。まずは自分がどんな風に活動したらいいのかちょっとお話に来てみて下さい。縁結びスポットもたくさんある「神楽坂」で世話焼きスタッフはお待ちしております。

 

世話焼きおばさんスタッフ一同

1484052006896

mail info@sewayakiobasan.com
連絡先 お電話で相談会の申込は出来ません
twitter @sewayakiobasan